身体にいいことメモ

健康やストレッチなど身体にいいことを紹介します。

水中毒にご注意を! 正しい水分補給の方法

 7月中旬になると、もう夏が来たと感じますよね?


日中の気温も30度を超えるようになり、汗をかく機会が増えてくると、水分を摂る量も増えてきます。


熱中症や脱水症の対策として水分補給は大切ですが、水分のみの摂りすぎには
気をつけないといけません。



水中毒とは

 大量の水を摂取することで血液中のナトリウム濃度が低くなる症状のこと。


水中毒になると、頭痛や嘔吐、意識混濁などの症状がみられます。


重症化すると、けいれん、昏睡、呼吸困難などにより亡くなる人もいます。



安全な水分補給の方法

 1日に必要とされる水分量は、大人と子供で違うので、気を付けましょう。


 大人の場合、体を動かす人や肥満体系の人は2リットル、そうでない人は1.5リットル
くらいが適量です。


 子供(乳児)の場合、1kgあたり100~150ミリリットルくらいが必要になります。


しかし、乳児や子供の体は、大人と比べて水分を保持する機能が優れておらず、また
代謝もよく汗を多くかくので、こまめに水分補給をしましょう。


 スポーツをする人は、温度が5~15度で、体内の組成に近い成分のスポーツドリンク(市販のスポーツドリンクを半分に薄めたものが目安)が最適です。


飲み方は、運動前に200~500ml、運動中は1口~200ml、運動後は減った体重分を
数回に分けて飲みましょう。



水中毒の予防と対策

 水分を摂り過ぎないように気をつけることが一番大切です。


他の病気が原因で水中毒になる場合は、それに応じて治療を受けましょう。


熱中症や下痢、嘔吐が続くときはスポーツドリンクではなく、経口補水液を飲むようにしましょう。


経口補水液は、市販のものや家でも簡単に作れます。
経口補水液の作り方



まとめ

 まとめると、

  • 大量の水を摂取することで血液中のナトリウム濃度が低くなることを水中毒という
  • 頭痛や嘔吐、意識混濁などの症状が現れる
  • 身体の大きな人は2L、そうでない人は1.5Lくらいが適量
  • 汗をかく場合、水分と一緒に塩分と糖分を一緒に取るのがよい
  • 熱中症や下痢、嘔吐が続く場合は、経口補水液を飲むようにする

これからさらに暑くなってきますが、水分補給を忘れずに!


また、汗をかく人は水分のみを摂り過ぎないように注意しましょう。



参考資料





最後まで見て頂きありがとうございました!



足がつる原因とは

睡眠中や運動中に足をつる経験をしたことがあると思います。


今回はどういった状態のときに足がつるのか?


その原因を調べてみました。



足をつるのはどんな時か

 足をつるときは、睡眠中、運動中または運動後、足を伸ばしたときなどが多い。


また、人によっても足のつる箇所や時間、状況もさまざまである。



足がつる主な原因

 足がつる原因は、筋肉の疲労、栄養不足、冷え、その他の病気などが考えられます。


筋肉疲労の場合

 運動などでふくらはぎを酷使すると、エネルギー供給が追いつかず筋肉がうまく
動かせなくなり、けいれんを起こす。


他にも、運動不足の人は筋肉が少ないので、栄養や酸素が足の隅まで行き渡らなくなり、筋肉が疲労しやすくなる。


栄養不足の場合

 血中には、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの電解質と呼ばれる
ミネラルイオンがある。


ミネラルは筋肉や神経の動きを調整しており、なんらかの原因でこのバランスが乱れると、筋肉の異常興奮(痙攣)が起こるのではないかと言われています。


また、汗をかくことで身体のミネラルバランスが乱れ、足がつりやすくなることもある。


冷えの場合

 気温や室温が低いと筋肉が収縮して足がつりやすくなる。


筋肉が収縮することで血流が悪くなり筋肉に十分な栄養や酸素がいきわたらなくなる。


その他の病気の場合

 頻繁に足がつる症状が出る場合他の病気が原因かもしれません。


足がつるのと同時に以下の症状が出る場合は要注意を!


  • 手足のしびれ、渇きを伴う ・・・・・・ 糖尿病

  • 歩きずらいなど歩行障害 ・・・・・・・ 脊柱管狭窄症、閉塞性動脈硬化症

  • 腰痛など腰の違和感 ・・・・・・・・・ 椎間板ヘルニア

  • むくみ  ・・・・・・・・・・・・・・ 腎疾患

  • 片方の手足の麻痺・言葉のもつれ ・・・ 脳梗塞


当てはまる人は、早めに病院で検査を受けることをおすすめします。



予防するには

 足がつる症状を慢性化させないためには、予防策が大切です。


人によって症状が起こる条件が異なるので、自分に合った方法を試してみましょう。



 1. 足のマッサージ

   筋肉に溜まっている疲労をとり除きましょう。


  床に座って片膝を立て、(立てたほうの足の)ふくらはぎに手のひらを添えて、
  下(アキレス腱付近)から上(膝裏付近)へと軽くもみます。


  強くもむと筋繊維を傷めやすいので、手を滑らせるようにしてやさしくもみます。


 2. 屈伸などのストレッチ

   適度のスクワットをすると、足の筋肉量を維持するだけでなく、血流をよくして

  疲労回復にもつながります。


  また、アキレス腱などを伸ばすストレッチで筋ポンプ作用を促してあげるのもよい
  でしょう。


 3. 食事の改善

   ミネラルが不足しないように、バランスの良い食事を心がけることが大切です。


  筋肉の動きに関係が深いカルシウムは乳製品や小魚類に、またマグネシウムは
  大豆食品(豆腐、納豆など)に多く含まれています。


  それでも頻繁に足がつる場合は、サプリメントや漢方薬を試してみるのも
  いいでしょう。



まとめ

 まとめると、

  • 足がつるのは睡眠中や運動中または運動後に多い

  • 足がつる原因は、筋肉の疲労、栄養不足、冷え、その他の病気などが考えられる

  • 予防には、足のマッサージ、ストレッチ、食事の改善などがよい


足がつったときは、参考にしてみてください。



参考資料



冷房による体調不良にご注意を!

 今週に入り、いきなり暑くなり始めましたね。


日中など特に暑く、冷房をつけるようになってきたのではないでしょうか。


冷房をつけ始めて10分くらいは涼しくてよいが、だんだんと寒くなるのを
感じたことはありませんか?


その状態が続くと肩こりや腰痛など体調不良など「冷房病」の原因になることも!


今のうちに確認しておくことで、快適な日々を送りましょう。



冷房のつけすぎによる「冷房病」とは

 暑い屋外とエアコンの効いた涼しい屋内との温度の差によって自律神経の調節が
効かなくなる「自律神経失調症」の一種だと言われています。


クーラー病とも呼ばれる。


主な症状は、頭痛、肩こり、腰痛、腹痛、疲労・倦怠感、不眠など様々なものがある。



冷房病の原因

 冷房病の原因は、屋外と屋内の極端な温度差に体の自律神経が対応できなくなることで起こると言われています。


自律神経は体温調整や汗の発汗などを調整する機能があり、暑いときは毛細血管を拡張させ熱を逃がしやすくし、逆に寒いときは毛細血管を収縮して熱を逃がしにくくする。


屋外と屋内を頻繁に出入りすると自律神経が乱れ体調不良を起こしやすくなります。


また、寒い屋内に長くいることで自律神経が狂い身体の冷えを進めることもあります。



冷房病の予防と対策

 冷房病の予防と対策としては、冷房の設定温度を低くするか、身体を冷やさないようにすることが大切です。


 ◆スカーフなどを用意する

  電車内ではスカーフやカーディガンなどを着るようにする。


 オフィスでは、ひざ掛けや靴下を重ね履きをしたり、羽織りものをして冷風に
 直接当たらないようにする。


 ◆ストレッチで血流を促す

  ずっと同じ姿勢だと血流が悪くなり冷房症になりやすくなるので、身体が冷えない
 ようにストレッチで血流を促す。


 軽い運動(ウォーキングなど)で毎日汗をかくことも有効である。


 ◆入浴して身体を温める

  暑いからといってシャワーだけになりがちですが、できるだけ湯船につかって筋肉を
 リラックスさせてあげましょう。
 

 ◆温かく栄養バランスのよい食事をする

  冷たいものばかり食べていると、内臓が冷やされ、消化力が落ち、体力が落ちる
 ことで自律神経の乱れにつながります。


 夏野菜のトマトやキュウリも身体を冷やすので食べ過ぎないように注意を。



冷房病のセルフチェックをできるサイトもぜひご活用ください。
冷房病危険度についての「セルフドクターズチェック」|セルフドクターネット



まとめ

 まとめると、

  • 温度差による自律神経の乱れが冷房病

  • 頭痛や肩こり、めまいなど冷え性に似た症状が出る

  • 冷風に直接当たらないようにスカーフやカーディガンを用意しておく

  • ストレッチや軽い運動で血流を促す


冷房は、適切に使えば暑さによる体力の消耗を防ぎ、安眠にも役立ちます。


病気に負けない身体を作り、夏を満喫しましょう!



参考資料

冷房病にご用心|第6261号 | 産業保健新聞|毎日健康で元気に働くための情報誌